□ 鳥取ジャーナル第413号 □


鳥取県視障協発行(31.01)


新年によせて

視障協会長  市川 正明

 新年明けましておめでとうございます。平成31年、5月の改元が織り込み済みという過去に経験のない状況を控えた年の始まりですが、会員のみなさんには、健やかに新しい年をお迎えのことと思います。
 さて、私たち視覚障害者をとりまく環境は、職業的には、視覚障害あはき業の衰退傾向、他職種の開拓の難しさなど、閉塞感とともに、大きな波、高齢化の波にも飲み込まれてもいます。
若年層の視覚障害者の減少は素晴らしいことではありますが、決して0ではありませんし、また、潜在的視覚障害者も多いと思われることから、会の維持やあはき業の継承も、地道にではあってもおろそかにはできません。
 障害者の雇用率が引き上げられたことを受けて、着実に雇用が進んでいると思われたところが、不適切な算定という考えられない不祥事が長年に渡り行われていたことが明らかになりました。
この不祥事に対して、責任をとるところもあればお茶を濁すところもありますが、一様には大量の雇用を進めるという中で、不祥事の結果という弱みを突くようではありますが、しかし、これまで見過ごしにされていた我々視覚障害者にも、今後は少しはチャンスが広がってくるのかも知れません。
 このような様々な難しい状況の中で、昨年の4月から動き出した視覚障がい者支援センターをてこに、これまで見過ごされがちであったロービジョンへの対応、サービスが行き届かなかった潜在的視覚障がい者へサービスの光を届けることができ、ひいてはそれが会員増にも繋がることを願い、みなさんとともに、この一年も活動していきますので、どうかみなさんも引き続きのご協力を宜しくお願い申し上げます。また、合わせて、みなさんのこの一年のご平安とご多幸をお祈り申し上げます。

植田悠郁(うえた はるか)さんが心の輪を広げる作文で最優秀賞を

 12月3日から9日までの一週間を、障がい者週間として国及び地方
公共団体が、毎年、この期間を中心に、民間団体等とも協力をしながら、障害のある人の自立や社会参加の支援等に資するための様々な取組を行っていますが、その中の一つ、内閣府では、毎年、障害又は障害のある人をテーマとした「体験作文」を募集して、その優秀作品を顕彰しています。
 その心の輪を広げる体験作文の平成30年度の一般の部で、本県の植田悠郁(はるか)さんが最優秀賞を受賞され、12月5日には東京で行われた表彰式に出席されました。
おめでとうございますと申し上げますとともに、その作品をご紹介します。

今伝えたい事 〜 弟と歩んだ日々 〜

今年26歳になる私の弟には重度の知的障害がある。弟は生まれてすぐ、髄膜炎にかかり、その後遺症で脳に障害が残ってしまった。弟は運動機能の障害はなく、歩いたり走ったりする事はできる。しかし言葉の発達は極めて遅く、文字の読み書きは全くできない。時間や曜日もはっきりとは分かっていないようだ。日常の生活を送る上でも、常に誰かの助けが必要で、食事やトイレ、洗面、入浴、歯磨きさえ一人で行う事ができない。
言える言葉も限られている。独り言で、「おてて、おてて」と言ったり、「はっか、はっか」と私の名前を呼ぶ事はあるが、何かを伝えようとすると、単語しか話せない。例えばジュースを飲みたい時は「ジュシュ」、おしっこに行きたい時は「おっこ」と言う。確かに弟が伝えられる言葉はたった一言だが、その一言で私たち家族は随分助かっている。
幼い頃の私は、弟の事がかわいくて、世話も好きだった。しかし、当時を振り返ると無意識に弟は何も分かっていない、弱いと思い込んでいたような気がする。それは小学校中学年の弟に対し、日常的に赤ちゃん言葉を使う、「よしよし。かわいいね」と言って頭をなでるなど、私の行動にはっきりと表れていた。
さらに私が小学校6年になるとそれまで好きだった弟の世話も嫌いになっていった。弟より自分が好きな絵を描く事に、夢中になっていたかった。だからそれを中断して弟のトイレの世話をしなければならない事が苦痛でたまらなかった。
そんな私に変化が起きたのは私が高校生の頃だった。私が悩んで思いつめた顔をしていた時、弟が私のそばで笑ってくれた。その笑顔は優しくて、「大丈夫。僕がいるよ。」と言ってくれているようで心強かった。
弟はちゃんと私の事を見ていてくれた。私の気持ちを分かってくれていた。何も分かっていないんじゃない。むしろ私たちより敏感に周りにアンテナを張っているのかもしれない。分かっていなかったのは私のほうだった。
弟のIQ(知能指数)は現在でも2歳4か月程度しかないと診断されている。けれど弟には26年間生きてきた【経験】がある。それはIQでは計れない弟の学びの証だ。弟が小学生の頃は怖がって、歯医者での治療ができなかった。でも今は歯医者でも泣かず、一人で診察台に上る。病院の血液検査も自分からさっと手を出すようになった。今まで食べられなかったトマトやキュウリも食べられるようになった。これは歯医者や検査は必要な事で怖くないと学んだから。トマトやキュウリは食べたらおいしいと分かったから。
弟と一緒に生活していて、困る事がある。それは弟の体調が悪い時、すぐに気づけなかったり、どこが痛いのか、しんどいのか分からない事だ。弟はおなかが痛い、体がだるい、熱っぽいなどと言葉では一切伝える事ができない。「あーん、あーん」と機嫌が悪くなる、今までしゃべっていたのに急に静かになるなど、小さな変化でしか、様子がおかしい事が分からない。だから体調の悪化に気づくのが遅れる事も度々ある。
けれども弟も必死で伝えようとしている。それを強く感じた出来事がある。弟が高校生の頃、体に膿がたまり、痛くて泣きわめいていた事があった。その時、弟が母のカバンを持ってきて、テーブルの上にぼん!と置いた。片付けても何度もそれを繰り返した。様子がおかしいので母は病院に連れて行く事にした。処置を受け、家に帰ってきて、母が言った。
「何回もカバンをテーブルに置いたのは『病院に連れて行け』って訴えてたんだわ。」
それを聞いて私ははっとした。弟も伝えたいんだ。伝えようと努力しているんだ。でもどう伝えたらいいのか分からない。弟も苦しいんだ。もどかしいんだ。弟の気持ちが少し分かったような気がした。私たちも分かろうと必死になり、イライラもするが、弟だって、分かってもらいたくて同じ感情を抱いているはずだと気づいた。
知的な部分に重い障害があるからと言って何も感じない、何も理解できない、何も学べないというわけじゃない。弟は毎日、様々な事を自分なりに感じて学び、成長している。今回、私が弟と歩んだ日々を書く事で、弟を知らない人たち、そして知的障害者への偏見や差別、虐待が表面化していないだけで日々起きている現代社会にそれを伝えたかった。十分に言葉も話せず、仕事なんて勿論できない。でも弟が生きている、その事に意味があるのだと、私は伝えたいのだ。
今、私は弟の成長を自分の事のように喜べるようになった。そして弟を大切に思っている。弟に重い障害があるからではない。家族だから、弟だからだ。
今日も私の隣で、弟が元気いっぱい「はっか、はっか」と私の名前を呼ぶ。私は嬉しくて「何?」と答える。そんなささやかな日常が私の幸せである。

西部でも見えにくい・見えない人の交流サロンを開催

 毎月定例で行っている中部、東部に続いて、西部でも12月23日に見えにくい・見えない人のおしゃべりサロン、'交流サロン’が西部支援センターの呼びかけで、ライトハウスで午後1時30分から初めて開催された。
 会員の人ばかりでなく、この呼びかけで初めてライトハウスを訪れた人など、10数名が参加して、自己紹介や見え辛さ、困っていることなどを発言したりした。初めての開催とあって、盛り上がるところまでの時間はなかったが、センターとして今後は定例的に開催したいとのことなので、今後呼びかけのあった際には、是非色々な人に参加していただけるようお願いします。

<先月のあゆみ(12月)>
12月 9日(日)  県青年部会は境港の水木しげるロードで歩行訓練。
12月16日(日)  西部支部は、身障センターで台風で順延となった'ゲームフェスタ2018’。
12月17日(月)  西部支部女性部は身障センター作業室で生け花教室。
12月20日(木)  中部支援センターでNTTドコモによるスマホ'ハーティ講座’。
12月23日(日)  ライトハウスで西部支援センター主催の交流サロン。

<今後の予定(1月〜3月)>
 2月  3日(日)  下関市で日盲連中国ブロック代表者協議会。
2月10日(日)  西部支部青年部はライトハウスで点字教室。
 2月24日(日)  中部支援センターで本会年度末理事・役員会。
 3月 3日(日)  東部、中部、西部の各支部はそれぞれさわやか会館、体育文化会館、身障センターで年度末役員会。

元へ戻る