公益社団法人   鳥取県視覚障害者福祉協会


最終更新:2018−05−13


本文へジャンプ


お知らせ
沿革
定款
各部の活動について
各種委託事業について
役員紹介
事業予定
事業報告
東部支部
中部支部
西部支部
『鳥取ジャーナル』のページ
入会のご案内
視覚障害者誘導のポイント
更新履歴
トップページに戻る




各種委託事業について


  ○視覚障害者生活訓練事業
 盲青年社会生活訓練事業として青年部が、盲女性家庭生活訓練事業として女性部がそれぞれ中心となり、視覚に障害があるが故の困難を少しでも克服しようと、一般教養、歩行訓練、身辺・家事管理訓練、点字講習などの活動を行っています。どなたでも参加できますので、お気軽にご連絡下さい。

  ○情報コミュニケーション講習事業
 画面が見えない視覚障害者が、音声ガイド機能を利用してパソコン・携帯電話・スマートフォンを導入して活用するまでを、希望により講習を行ってサポートします。リサイクルパソコンの貸与事業も、まだ残余の機器がありますので、利用したい場合はお問い合わせ下さい。

  ○点字情報ネットワーク事業
 日本盲人会連合から配信される「JBニュース」、内容は一般ニュース、視覚障害関連のニュースを月曜から金曜まで毎日点字印刷し、郵送にてお宅にお届けしています。年間購読料は3,000円です。点字の読める方には是非ご購読をお願いします。

  ○盲導犬育成事業
 現在県内では4頭の盲導犬が活動しています。本会ではこれまで盲導犬の貸与事業を行っていましたが、貸与事業自体は県の障がい福祉課が直接実施することとし、ワクチン接種費の補助事業だけを行っています。盲導犬の貸与を希望される方は、障がい福祉課にお問い合わせ下さい。

    ○同行援護事業
 長く米子市の委託のもと、視覚障害者の外出支援として行ってきたガイドヘルパーの派遣事業が、平成23年10月から導入された同行援護事業に変わったことに伴い、本会でも同行援護サービスを提供して引き続き外出を支援しています。
 ヘルパーとして活動するには、同行援護従事者研修を受けて視覚を取得する必要がありますが、サービスを利用したい方も、あるいはヘルパーに関心のおありの方も、詳細はお問い合わせ下さい。

トップページへ




          〒683−0001 鳥取県米子市皆生温泉3−18−3
米子市皆生市民プール管理棟2階
TEL : 0859−35−4336
FAX : 0859−22−7688
Eメールはこちらから
鳥取県ライトハウス(点字図書館/盲人ホーム)はこちら


Copyright (C) 公益社団法人 鳥取県視覚障害者福祉協会 2008 All Rights Reserved.