公益社団法人   鳥取県視覚障害者福祉協会


最終更新:2024−02−02


本文へジャンプ


お知らせ
沿革
定款
各部の活動について
各種委託事業について
役員紹介
事業予定
事業報告
東部支部
中部支部
西部支部
『鳥取ジャーナル』のページ
入会のご案内
視覚障害者誘導のポイント
更新履歴
トップページに戻る




西部支部


西部地域各自治体 日常生活用具支給一覧表(令和5年4月現在:PDFファイル)


令和5年度事業報告


支部交流会を開催

 西部支部は10月15日の日曜日、支部交流会を開き、マイクロバスで中部地区に出かけた。
あいにくの雨降りのスタートだったが、ダンダンと止んで日差しも出るようになった。
  マイクロバスで9時にライトハウスを出発し、米子駅前で数名を加えて、向かったのは、弥生時代の遺跡から脳が見つかったことで知られる青谷上寺地遺跡展示館で、ガイドの方の案内で、出土した土器、生活用具、脳などの説明を受けた。
 本格的な展示館の完成は来年3月とのことで、概ねレプリカの展示ではあったが、一行は、ひととき弥生時代に思いをはせた。
 その後三朝町に移動し、ブランナール三朝で昼食となったが、ジビエの猪の鉄板焼きに人気があった。さすがに少し堅めではあったが、滅多には口にできないので話の種ではあった。
 最後にブランナール三朝にほど近い三朝バイオリン美術館・鳥取ヴァイオリン製作学校を訪れ、係の方の演奏を聴くとともに、製作の過程や製作に必要な道具などの展示場を見て回った。
 試しに弾く体験をさせてもらったが、雑音しか出しようがなかった。
 秋の一日親しい人たちとともに、行楽の一日を楽しんだ。

三朝での写真がこちらにあります。


支部総会並びに役員会を開催

 早めの桜が満開を迎えた4月2日の日曜日に、午前10時から米子市心身障害者福祉センターで、令和5年度の支部総会を開催した。
 コロナ禍は少し落ち着いたとはいえ、来賓もお招きせずに、参加者は16名と少なめだったが、熱心な参加者から様々な意見が出された。
 令和4年度の事業報告と決算報告、令和5年度の事業計画と予算案が報告された後、スポーツ活動の推進や同行援護の利用のしづらさなどの意見が出された。
 最後に役員改選があり、現行の佐伯支部長以下全員が留任した。
 午後には役員会を開き、今年度の事業について協議を行った。
 また、すべての日程を終えた後、有志数名で、桜の満開の湊山公園で花見気分を味わった。

桜の写真もこちらにあります。


トップページに戻る




〒683−0001 鳥取県米子市皆生温泉3−18−3
米子市皆生市民プール管理棟2階
TEL : 0859−35−4336
FAX : 0859−22−7688
Eメールはこちらから
鳥取県ライトハウス(点字図書館/盲人ホーム)へのリンクです
音声読み上げポータルサイトへのリンクです


Copyright (C) 公益社団法人 鳥取県視覚障害者福祉協会 2008 All Rights Reserved.