公益社団法人   鳥取県視覚障害者福祉協会


最終更新:2018−08−07


本文へジャンプ


お知らせ
沿革
定款
各部の活動について
各種委託事業について
役員紹介
事業予定
事業報告
東部支部
中部支部
西部支部
『鳥取ジャーナル』のページ
入会のご案内
視覚障害者誘導のポイント
更新履歴
トップページに戻る




西部支部


平成29年度のページはこちらへ
平成28年度のページはこちらへ
平成27年度のページはこちらへどうぞ
平成26年度のページはこちらへどうぞ
平成25年度のページはこちらへどうぞ


平成30年度事業報告


恒例の支部交流会を開催

 恒例の支部交流会を6月10日の日曜日、20名程の会員と、ボランティアグループのわらび会の会員が集まり、マイクロバスで大山での野鳥ヒアリングに出かけた。
 本来は秋10月に行うのが通例だが、今回はNPO法人大山綿の花からのお誘いを受けたもので、野鳥の声がよく聞かれるこの時期に企画された。
 雨の予報で悪天候が心配されたが、雨に濡れない林の中の遊歩道を歩いている時に少し降られた程度で、日頃の行いのせいか、傘の必要はなく、暑からず寒からず、よい散策コンディションになった。
 大山の下山キャンプ場に到着後、二班に別れて林の中の木道を、野鳥の会の方や植物に詳しい地元の方の説明を立ち止まって聞いたり、植物に触れたりしながら散策した。
 その後山荘のハイドパークに移動して、綿の花の用意して下さった手作りのカレーライスで昼食、肉に猪・鹿を使ったとの紹介に、好む人も好まない人もありで大いに盛り上がった。
 食後には、地元で広めようとしている握り地蔵の製作を、できふできはあったが、実際にそれぞれ粘土をこね回して完成させ、1ヶ月ほどかかる焼き上がりを待つことになった。
 最後に場所を馬乗せ牧場に移動、馬に触れるとともに、希望する人は乗って歩くことにも挑戦したが、思ったよりも揺れることに驚くとともに、バランスをとりながら、しかも姿勢よく騎乗する難しさを初体験としては感じた。
 楽しい思い出とともに、天候が心配されただけに、無事に予定が消化されたことを喜びながら一行は帰路に着いた。

写真はこちらへどうぞ


西部支部女性部が歩行訓練を実施

 西部支部女性部(清水みのり部長)は、5月28日の月曜日、遠藤歩行訓練士を講師に、鳥取花回廊で会員6名が参加して歩行訓練を行った。
 米子駅からバス乗車、乗車時の注意や、花回廊内で道路縁を沿う歩行時の白杖の使い方、白杖の左右の振り幅のバランスをとるようにすることや、階段の昇降など、ポイントポイントでの歩行指導を受けながら、また時折は見頃のバラにも触れて鑑賞できたりの暑さの中にも楽しい訓練となった。

写真はこちらへどうぞ


平成30年度支部総会・報告会、役員会を開催

 桜の花が満開で見頃の4月1日の日曜日に、米子市心身障害者福祉センター体育室を会場に、会員、ボランティアの約35名が参集して、新年度の支部総会・報告会を開催した。
 式典には伊木米子市長を始め尾沢市議会議長の代理として伊藤副議長、古都西部福祉保健局長、斉下米子市福祉部長、岡本ライトハウス理事長の皆様に臨席をいただいた他、この度オープンした視覚障がい者支援センターの赤星亨さんにも自己紹介願った。
 続いて伊達議長を選出して議事に入り、
1.平成29年度会務報告、各部事業報告、決算報告
2.平成30年度事業計画案、予算案
が報告された。
3.県総会への提出議題
・日常生活用具の枠拡大
・会議等の資料の点訳・拡大文字化・コード化
・音声ガイド装置設置の推進を
・違法自転車走行の取り締まり強化
4.会員意見発表
・スポーツ後援会カンパについて
・誘導ブロックの敷設について
 等の意見があり、意見交換が行われた。
 12時20分に終了し、和室に会場を移し、昼食を挟んで第1回の役員会が行われた。
 役員会では、午前の総会で出された意見への対応の他、6月10日に予定している大山方面への会員交流会、7月29日にゲームフェスタ2018を行うことなどを話し合い、午後2時30分に閉会した。

トップページに戻る




〒683−0001 鳥取県米子市皆生温泉3−18−3
米子市皆生市民プール管理棟2階
TEL : 0859−35−4336
FAX : 0859−22−7688
Eメールはこちらから
鳥取県ライトハウス(点字図書館/盲人ホーム)へのリンクです
音声読み上げポータルサイトへのリンクです


Copyright (C) 公益社団法人 鳥取県視覚障害者福祉協会 2008 All Rights Reserved.